前の記事 » 
次の記事 » 

お勧めのレンタルサーバー-レンタルサーバーとは?その必要性

  公開日:2007/10/27
最終更新日:2017/05/15

※この記事は 5 分で読めます。

他に書きたいことがあるのですが、前回の独自ドメイン取得時の注意点で、次回はお勧めレンタルサーバー等と書いてしまった以上、 先にこっちの記事を書きます。
(やっつけじゃないですよ(笑))


今回もあくまでいなだ事務所が実際に使った感想です。

レンタルサーバーは重要

ドメインを取得するのなら、バリュードメインムームードメインで 取得すれば良いだけですが、問題はレンタルサーバー(正式にはレンタルサーバ)です。


あ!!
例によって、開業とかホームページに興味がなければこの記事は飛ばしてください

レンタルサーバーとは?

ここから説明するのは骨が折れるのですが、 ホームページを公開したいならサーバーが必要なんです。


で、 自分でパソコンを買って、サーバーとして使うという手もありますが 一般人や一般企業(中小企業を含め)にはお勧めしません。


理由は、コストがかかりすぎるからです。


サーバは24時間稼働させておく必要があります。


そして、ウイルスの脅威などなどあらゆるインターネットの脅威に さらされているのです。


アクセスできない時があるとそれだけで、ビジネスとして成り立ちません。


メンテナンス中で繋がらないなど、あってはならないこと。(SEO的にも)


サーバー用のPCを数十万円で購入して、Linuxとかの勉強をしてサーバーの勉強をして、24時間電気代をかけて、雷の対応や 停電の対応、データのバックアップや、アップデートなど・・・・・・・・
私のようにまずは個人事業主として起業して、そこまでやるというのは、費用対効果が合いません。


ネットワーク管理者とかシスアドとかの資格をとって自分でしようと 思うのも良いですが、それでメシを食っていこうと思っていないのであれば、外注した方が良いのです。
(ただし、業者に騙されない程度の知識は必要)


そこで、 外注の手段として、レンタルサーバーがあるわけです


まあ要は、独自ドメイン+レンタルサーバー契約というのが、 ビジネスでのホームページ開設の方法


ここで、私を含めて多くの人が悩む問題があります。

レンタルサーバーを比較してどこが良いのか?


最初に私が選んだレンタルサーバーがアイル(iSLE)でした。


半年毎に25,000円ほど払い、1回更新して、1年間を過ぎた今回(2回目の更新)移転することにしました。


移転の理由は
マルチドメインに対応していない(対応するなら、金額が跳ね上がる)

単純に月々の費用が高い

です。


サブドメインを作り、 色々と考えていることがありますのでマルチドメインは必須です。


独自SSL認証をつけているから金額が高いのかもしれませんが、 私は会社のホームページには必須だと思いますのでこれは避けれません。

※たまに、会社HPで電話番号や住所などの記載を求めているのに、 暗号化されていないフォームがありますが、SSL導入費用をけちっているか 個人情報に関する意識が低い会社です。

検討したレンタルサーバー

今回、移転にあたり色々と調べました。


専用サーバーを借りるほどのサイト規模でもないので、 共有レンタルサーバーでとりあえずは充分

ロリポップ
月々の管理費用は安い。
しかし、情報収集すると酷評ばかり。
参考HP(笑えます)http://jojo.hustle-user.com/閉鎖されてました。
あるIT企業の人からも「やめとけ」とアドバイスをいただきました 。

チカッパ
ロリポップの上位版(同じ会社です) 。
信用というのは大事ですね。
スペックとかは魅力でしたが、 上で失った私の信用は取り戻せませんでした。
→ 2017年追記:サービス終了のようです


エックスサーバー
月額1050円で機能は充実。
ここも悩みましたが、2chで「アクセス増えたら出ていけと言われた」など 色々と書かれていましたのでやめておきました。
(2chを信じるのはどうかと思いますが、火の無いところに・・)


さくらサーバー(スタンダード)
月額500円で内容的には充分でした。
悪い噂が聞こえてこないのと、あの大手SNSも使っていると聞いたのがポイント。
ビジネスプラン以外、SSLが使えないのが難点 


シーサイドネット
今、安藤事務所で新しいホームページ作成を依頼している 会社に勧められました。
すでに契約済。
ここを選んだポイントはSSLが使えることです(月1680円)
難点はマルチドメインに対応していないこと
(対応するのであれば、費用がかさむ)


当事務所の選んだ結論

さくら+シーサイドネット


メインはさくらサーバを使用


そして、 問い合わせフォームなどのSSLのページだけは シーサイドネット


要は、SSLのページだけ違うサーバーに飛ばすというもの


で、さくらは20個までドメインを使えるので サイトが増えても問題なし


それが月2,200円程度でOK
※SSLを使わないのであれば、さくらの月500円で良いでしょうね


まあ、ネットワーク管理者でも無く、素人に毛が 生えたような知識しか持っていませんから今の選択が最善とは思っていませんが、 少なくとも11か月前の私よりは2007年10月の私は良い選択をしていると思います。


サーバーに毎月何万円も払えるのであれば、 OCNとか大手企業が提供しているサーバーを借りるということも考えられますが、社会保険労務士事務所とかの士業クラスで あれば、このスペックで充分かなと思います。


ちなみに、PCにバックアップはとっておきましょうね。


サーバーが壊れないという可能性は0%ではないので。。。


お勧めサーバー情報などあればお気軽にコメントどうぞ


また数か月後に乗り換えているかもしれません

2017年4月追記
10年前の記事なのでかなり古いですね。
今の状況とまったく違います。


2017年現在は、独自SSLが無料でついている、エックスサーバーを基本的にお勧めします。


弊社の1台契約しています。


どんどん機能を良くしてく企業姿勢からも、共有レンタルサーバーの中では今後もトップレベルを走っていくと思います。


もう少し、お金をかけてよいのであれば、さくらサーバーのマネージドプランもお勧めです。


こちらはサーバーを1台丸ごと借りるのですが、メルマガ配信をしたり、シマンテックSSL化などするのであれば、さくらのマネージドプランが安心です。


弊社はさくらマネージドを2台契約しています。

このカテゴリの他の記事を読む  サーバー関連  

SPONSORED LINK

 

5分で分かる面接の仕方

経営者や人事担当者は必見。この無料レポートを読んでいないなんて、
あなたの会社は損していますよ。

矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

このページの先頭へ