前の記事 » 
次の記事 » 

Overtureの個人情報流出-広告主情報がwinny経由で

  公開日:2007/11/20
最終更新日:2017/04/07

※この記事は 4 分で読めます。

先ほどメールボックスを開いたら、 Overture(オーバーチュア)から1通のメールが・・・・・・・・

Overtureとはヤフーの検索キーワードに対してスポンサーになることです。


例えば、 「ダイエット」で検索するとこのような検索結果が出ますが、 赤枠でかこんでいるところは、お金を払って、ダイエットに 広告を出している企業です。


SEOなど関係ありません。


金さえ払えば、1位の上にきます。


※2017年にキャプチャしなおしました。overtureもサービス名が変わっています


で、私のいなだ社会保険労務士事務所も あるキーワードに入札をしていたのです。

ちなみに、Overtureはヤフーの子会社

overtureの説明はここまで

メールの内容

さて、そのメールによると、

2007年8月まで勤務していた元派遣社員が広告主情報を無断で 持ち出し、自宅PCに入れていたことにより、Winnyを通じて、広告主の名前、メールアドレス、会社名、会社住所、電話番号が流出したとのことです。

参考サイト
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071117ddm041040155000c.html情報流出:ヤフー子会社の広告主2万8157件、ネットに

オーバーチュアの顧客情報がWinny流出、「二次被害防止のため詳細非公表」


私に連絡があったのが本日、11月19日


驚いたことに 、ヤフーもオーバーチュアも9月の時点で情報流出を認識していたが

「流出が明らかになれば、情報がさらに拡散して2次被害を生む恐れがあった。

顧客のためには公表しない方がいいと判断した」

(そういうのを隠ぺいって言われているのですが・・・・せめて広告主の私たちには連絡してほしいものです。)

とのことで、今日まで連絡無し(通常通り広告費用の請求がこれまでもきていました)


多分、上の2つの記事がWEBに出たために、隠しきれないと判断したのか広告主に連絡したんでしょうが、、、

メール一通だけ


その文面には9月から知っていたことなど一言も書いてもいない。


以前、 ヤフーBBの情報が漏れたとき(私も被害者)「再発防止を徹底する」と言われていましたが、このザマです。


「元派遣社員」:え?私はこれすら信用していません が。


以前の流出の件があるから再発防止を徹底したのであればアクセス権を明確にしているはずであり、外部企業である 派遣社員が簡単に顧客データが取れない仕組みは作っているでしょう。


ということは、、、、本当は社員ではないか?と疑わざるを得ない


もし、本当に派遣社員なら、数年前のヤフーBB情報漏えいの後、 口だけ徹底すると言っておきながら何も対策をしていなかったことにもなります。


本当に呆れます


クレジットカード情報や銀行口座は大丈夫と言っていますが、 証拠がないので、向こうの言い分を信じるしか無いのですが、当然ながらまったく信用できません。

個人情報保護法の罰則


はっきり言って、Overtureを解約したいのですが、 日本では(だけ?)Yahooを使っている人の方が多いのです。


だから、Yahoo結果に広告を出すために使わざるを得ないのですが、、、、おかしな話です。


Googleの方がよほど、検索精度が高いから世界では検索エンジンのシェアはGoogleの圧勝なのに。


私と同じくOvertureに広告を出したいのであれば、こちらから(笑)
キーワードに入札してアクセスアップのOverture

流出事件は自社でもおこる

まあでも、これは、対岸の火事ではありませんよ。


ほとんどの企業では、パソコンで個人ごとに情報管理レベルを変えている ところは少ないでしょう。


誰であっても、夜忍びこめば、人の社内パソコンにアクセスできる


最低でも、パソコンにパスワードはかけましょう。


そして顧客の個人情報管理は充分に注意しておこないましょうね。


Winnyだと、悪意はなくてもファイルは流出します。
Winnyを使いたいのなら、パソコンは別のにした方がいいでしょう。

このカテゴリの他の記事を読む  セキュリティ向上  

SPONSORED LINK

 

5分で分かる面接の仕方

経営者や人事担当者は必見。この無料レポートを読んでいないなんて、
あなたの会社は損していますよ。

矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

このページの先頭へ