パスワード自動生成とパスワード管理ソフト「ロボフォーム」でセキュリティ向上

SPONSORED LINK

 
 

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

様々なWEBサービスのログインIDとかパスワードって管理に困りますよね。


ひどい状態だと、、全部同じパスワード。。とか4桁程度の簡単すぎるパスワードを設定していたりします。


仕事で使うログイン情報がそれでは、さすがにまずいです。
一応、以下の内容を知らないと損をしますので、共有します。

ログインパスワードを設定する際の基本的知識・対応方法


1.自分でも覚えられないパスワードに変更する




桁数は自由に出来ます。「強力」程度でよいでしょう。gmailなど記号が使えるなら、「最強」で



2.自分で覚えず、世界中で使われているセキュリティの高いパスワード管理ソフト「ロボフォーム」に覚えさせて、ワンクリックでログインする



※10個までのログイン情報なら無料で使えます。


ロボフォームは数年前にワードメーカー株式会社の狩生さんに教えていただきましたが、ほんと、これを知らずに使っていなかった時のことを後悔しました。


パスワード管理ソフトは使わないと損しますよ。


Yahooアカウント、Googleアカウント、facebook、スカイプ、LINEとか。。。。私はそれぞれ12~35桁のパスワードにしています。当然、頭では覚えていませんが、おかげで、すぐにパスワード変更できるようになりました。


すべてロボフォームがやってくれます。

※上記にLINEと書きましたが、ビジネスでLINEは使わないようにしましょう。LINEで送付した画像や動画はすべて韓国のサーバーにいきますし、LINEの内容は韓国に傍受されています。また禁止ワードを入れたらアカウントが停止されるように、内容も運営者側が把握していますので、ビジネスでは使わないようにしましょう。特に嫌韓の方は

SPONSORED LINK

 

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:パスワード自動生成とパスワード管理ソフト「ロボフォーム」でセキュリティ向上

5分で分かる面接の仕方

経営者や人事担当者は必見。この無料レポートを読んでいないなんて、
あなたの会社は損していますよ。

矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

このページの先頭へ